紙ってすごい!紙漉き体験

『暮らし!』楽しんでいますか?
ご訪問ありがとうございます(^^)/

いよいよ12月!今年もあと一ヶ月ですか・・・
今週はいろいろ盛り沢山なので、気合入れていきましょ!

さて、先週は次女7歳のお誕生日でした~
もう~興奮しちゃって大変! 一応私手づくりのケーキも楽しみにしてくれていましたが・・・
私の実姉から毎年プレゼントされる絵本!これが一番楽しみのようでした~
小学校に入ってよく図書室で本を借りてくるのですが、こんなに本好きになるとは・・・
いつまでも続くといいですね~

131202_1

届くなり真剣に読んでる?(見てる?)

毎日笑かしてくれる、元気な子でここまで育ってくれてありがとう

さてさて、昨日は小川町に紙漉き体験に行ってきました~
所属するNPOモクイエのイベントでしたが、がっつり参加者として楽しませていただきました~

小川町が和紙で有名な事は知っていましたが、小川和紙と言っても原料、手法もいくつかあります!
住まいに携わる仕事柄、お客さんが小川和紙を指定されたり、ご自分で購入されて障子に使ったりと言うことも・・・

実際自分で使ったことはないので今回はいろいろ勉強してきました。

小川和紙の原料は楮(こうぞ)という木の内皮繊維で、蒸して樹皮を剥きやすくし、剥きあがった樹皮を水に浸して軟らかくし、踏みほぐします。
さらに表皮を削ぎ落とし乾燥させ保存。
乾燥したものを煮込んで不純物を取り軟らかくし、流水にさらしてあく抜きしたら叩いて細かい繊維にして行きます。
簡単に書いていますが、手間のかかる手作業ですね~
楮の繊維だけでは固まらないので、のりとしてトロアオイの根を使うそうです。

小川和紙でも手漉きと機械漉きがあります!
生産性には欠かせない機械漉きですが、やはり手漉きが魅力ありますね!
手漉きにも流し漉きと溜め漉きがあって、今回体験したのは溜め漉きの方です!

131202_2

次女!手伝ってもらいながら2回ほど漉きました~

和紙は寒い時ほど(水が冷たいほど)良質のものが漉けるらしく冬場に行われる仕事だとか・・・

131202_3

漉いた紙に季節感あるものを使ってオリジナルのハガキを作ります!

ここからが・・・時間かかった~(^_^;)

8枚のハガキセットを選んだので、主人と私が1枚ずつ、残りの6枚を次女ujyuが・・・

『一枚は素地を楽しむ為に何もしないどこう!』と言ったのですが・・・

『やだ!』と完全無視(~_~;)

131202_4
何度かやり直しながら、完成!

今回の体験で使用したのは松やカエデなどの針葉樹のパルプ!
飾った後最後に薄い紙で挟むのですが、そちらが楮で流し漉きしたもの!

これから1週間くらいかけて紙干しし、我が家へ届きます~

う~楽しみ~~~(#^.^#)

長女は習い事の為参加できなかったのですが、写真を見るなり
『今度絶対やりたい‼!』
だよね~

ところで、このように自然のものを使って人が丁寧に作った和紙は、なんと耐久性も耐火性もあるって知っていましたか?

今回お世話になった埼玉伝統工芸士の谷野さんから最後にお話を聞かせていただき、ホントビックリ!
昔は今と違って紙に記録されますよね!
火事などがら守る為に、水に漬け込んでその難から守ったとか・・・
水に浸されても溶ける、にじむなどなく乾かせば大丈夫なんですって・・・
私たちが使う身近な紙ではありえません!

更に紙を手でもみほぐして柔らかくし着物としても使われていたそうで・・・
今でもどこぞかのお祭りで、紙の着物を着て松明を持ち走る抜ける・・・
燃え移ったりしないんですね!
もう感動!

我が家のリフォームでは木か左官(珪藻土)を主としていましたが、今度は是非自分で漉いた紙を壁紙に使ってみたい!と思った次第です・・・
(先立つものがないのでいつになるかわかりませんが(T_T))

今使っている私たちの名刺は愛知県の杉を25%使った紙を使用しています!
小川和紙!高いけど、名刺もいいな~

埼玉お住まいの皆さま!一度紙漉き体験してみてくださいね~