『呼吸できる家』までの道のり

前回のブログで『呼吸できる家』について書きました!

今まで我が家のリフォームの事を気が向くままに書いたりしていましたが・・・

先日の『暮らしQ&A』の講座に、近々中古住宅を購入し引っ越される方がいらしたように、これから中古住宅を購入され住まわれる方も増えると思いますので、我が家の築30年、中古住宅購入後10数年(現在築40年)かけてリフォームしてきた経緯などをもう少し詳しく書いていきたいと思います。
参考にしていただければ・・・とは思いますが、なんせ夫婦そろって『我が道を行く!』タイプ あまり参考にならないかもしれませんが・・・あしからず(^_^;)

さて、現在のこのボロ屋(現築40年)を購入する前は、これまた築年数同じくらいの戸建ての賃貸に住んでいました。
ちなみにその前も怪しげな戸建ての賃貸に・・・(結婚当初)

怪しげな↓(室内の写真が見つけられませんが・・・)

130627

通称『立川亭』 美大生(若しくは卒業生・・彫刻科のみ)が今で言うシェアハウス的に使っていたところです。

そう、そこには美大卒の主人が住んでいました。
たまたま私と結婚するときに、主人以外でそこに住む人が居なくなるとのことで、二人で住み始めました~
正直この『立川亭』を知っている人は、『ここに住むの?新婚で・・・?』とビックリされるほど・・・
『良く許したね~奥さんの両親・・・』 (確かに・・・(^_^;))

とは言え私も美大卒(建築科)でしたから・・・

思いのほか楽しかった『立川亭』での生活(何度頭をぶつけたしれませんが)でしたが、仕事の都合上1年半くらいで引っ越しました・・・

次に住んだのも中古の戸建て!
こちらはごく普通の住宅ですが、昭和40年代ですかね~湿地帯を開発して『〇〇団地』として戸建てが立ち並ぶところです!
平衡感覚のあまりない私は感じませんでしたが、家が傾いていました・・・(主人曰く・・・)

この家は足で探しました・・・
不動産情報も見ましたが、なんせ戸建てにこだわる主人!
その頃、中古住宅の賃貸はあまりなかったと思います。
私はアパートでも良い派でしたが、小さいころから持家一戸建てで育った主人は断固戸建て派!
少ない情報で探すより、足で探そう!と夜な夜な探し歩き、売出し中になっていたその家を見つけ、不動産屋に連絡し、貸してほしいとお願いしたのです。
なかなか気難しい大家さんだったようですか、不動産屋さんが上手く取り持ってくれたおかげで借りることができました~

敷地が50坪ほどで、2階建て22坪ほどの家です!

ここを月5万ほどで借りられた訳ですから、ラッキーだったと思います。

しかし・・・賃貸ですから、手を加えることができません(T_T)
そこには2年程住み、長女も産まれました。

そのまま賃貸生活も悪くはなかったのですが、どうせ払うなら家賃ではなく同じ金額のローンを組み持ち家を購入し、手を加える暮らしにした方がいいのではないか?と夫婦の意見が一致! またまた戸建ての中古住宅を探し始めました・・・

(長くなりそうなので、つづきはまた・・・)