4/14(月)東大宮で『流産・死産された方の心をはなす会』開きます

3月だと言うのに、今日も風が冷たく寒いですね・・・

2/5に開かれた『流産・死産された方の心をはなす会』

同じ場所で4月14日(月)に開きます。

詳細、お申し込みはこちら くもといっしょに
(誕生学アドバイザーの細田恭子さんのページです)

この会を開くこと・・・
この会のことを伝えるとき・・・

気持ちが、心が、揺れ動きます・・・

12年前に息子を天使にしてしまい、その1年半後
お墓を建て納骨しました。

その時に、息子が生まれてきてくれた証として
息子が私のお腹に宿ったときからの記録を書面に残しました。
18ページ・・・

そしてそこからの10年
息子や16年前に私のお腹から天使になった第一子への思い

一言では決して語ることはできません・・・

こんなに重たくなった心を 誰が聞いてくれるでしょう・・・
誰に話せるでしょう・・・

重たすぎて、きっと誰も聞いてくれない・・・

でも、2/5に行われた『おはなし会』で
心を話しに来てくれた方のお話を聞くだけで、
この重たい心が少し軽くなりました

みなさんの言葉を通して、私の心が話せたからかな・・・と思います

初めて顔を合わせて、自分の心のうちを話すこと
ともて勇気がいります
怖いです

なかなかできることではないです

でも、みんなそう
みんな同じだから

怖いけど、
とても、とても
心のあったかい方が側で見守ってくれています

私がこの会を一緒に開かせていただくのも
その方との出会いがあったから・・・

2/5のおはなし会の様子です
http://ameblo.jp/withkumo/entry-11767871311.html

気になることがありましたら問い合わせからでもかまいません
お待ちしています