Blog 8_billboard
最新記事

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

BLOG一覧 > 誕生死

投稿日:2018.09.15我が家の長男くん!お空の次男くん!お誕生日おめでとう〜

我が家の長男くん!お空の次男くん!お誕生日おめでとう〜

こんにちは

【手づくりから暮らし!子育て!自分育て!】を楽しんでいる松丸弥恵です☆

 

20歳になりました!
我が家の長男ニャン太くん…

嵐の夜に我が家へ来ました。
その年の春にさよならした小さな命…
私を慰めにきてくれたのかな…

そして、その3年後…
次男くんが生まれました。

1日も生きられなかったけど、彼は私に…
家族に、いろいろな事を教えてくれたし、今も問いかけてくれている!

今日は家族で、20歳のニャンくんとお空の次男くんを心で抱きしめる日です(^^)

私たちの子として生まれて来てくれてありがとう☆

 

 

 

 

自分の家は自分でつくる

自分の暮らしは自分で考える

自分がもつ「もの」は自分で選び取る!

中古住宅を購入に、主人と2人でコツコツリノベーションしながら、

自分らしい暮らし、自分らしい生き方の為にはじめたものづくり

そこから生まれた心地良いもの→手づくり雑貨のおすそ分け

*m.i.e’s room*の作品をご紹介 ☆☆☆

  

 minne バナー iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ページの先頭へ

投稿日:2017.11.15人体発生学を学ぶ~我が子への思い~

人体発生学を学ぶ~我が子への思い~

またまた、かなりのタイムラグがありますが…(^^;

 

先月、先天性四肢障害父母の会埼玉支部主催の「人体発生学」の勉強会に次女と参加してきました。

次女のお友だち家族が会員で、長年賛助会員としてこの父母の会をサポートしてきた広島大学名誉教授の安田峰生先生を呼びたい!と言う話を昨年から聞いていました。

この勉強会が実現できるなら是非私も聴きたい!と…

その願いを叶えてくれました。

受精してから人の体の形になるまでを、子供たちにもわかるよう粘土を用いて説明してくださいました。

それでもちょっと難しかったかな(^^;

 

親としては、我が子になにが起きたのか…

何故自分の子どもに起きたのか…

原因を知りたい!

 

私も、状況は違うけれど、「何故…」

って、答えの出せないのは分かっていても原因があるなら知りたいって思っていました。

 

安田先生が「原因は特定はできないが、考えられるのは遺伝要因か環境要因のどちらか」

遺伝要因はその名の通り先祖から受け継がれた中での発症

環境要因は、例えば妊娠初期に薬を服用してしまったりといった直接的なものや、日常生活の中で間接的に摂取している空気中の化学物質などによる影響など、、、

 

過去に同じような症状の血縁者がいれば、遺伝要因かな…って思えるけど、だからって結局納得できるわけではなく…

 

環境要因も、直接的なものでも特定し難いし、ましてや間接的な影響だと、自分が生まれてから妊娠し出産するまでの何が…なんて特定できない…

 

何故…に、こだわり過ぎても何もそこから生まれて来ないってことなんだ・・・

 

わかっているけれど、心を整理するのは難しい…

 

ただ、今回の安田先生のお話で、受精してから人の体に形成されていくメカニズムはなんとも神秘的だと言うことを学びました。

そしてどんどん細胞分裂を繰り返しながら成長する傍らで、死んでいく細胞があるから形成されていく手や足

また、何かの要因で機能転換が起きたとしても、再生しようとする力

 

その結果が今の自分の身体だと言うことで、人と比べるのではなく、自分自身若しくは我が子の身体を愛おしく感じる時間となったのではないでしょうか…

 

私個人としては、まだ体の形成前に心拍が確認される過程や、心臓をはじめとする臓器の形成も伺いたかったです!

 

さて、そんな貴著な勉強会を主催した方々と、その後岩槻でビーチボールバレーを楽しみました)^o^(

 

それぞれ立場は違うけど、一つのビーチボールを打ち合う時、みんなの気持ちが一つになっている感じがしてなんとも充実した時間を過ごせました~

 

みんなそれぞれ、生きながら何かしらのメッセージを放っている!

 

わたしは、私を通して、お空の子どもたちがメッセージを放っているのかな・・・

 

この勉強会へ参加できたこと

先天性四肢障害父母の会の方との出会いを導いてくれたYちゃん!

ありがとう~

先天性四肢障害父母の会サイト↓

http://www.fubonokai1975.net/index.html 

ページの先頭へ

投稿日:2014.09.209/26誰にも話せない心の声を話しにきませんか・・・

ご訪問ありがとうございます。

先週のお休み
私たち家族にとって一年で一番空を見上げる大切な日・・・

13年が経ちました・・・

ちょうど前日は長女の体育祭!
もし生きていたら、中学一年生・・・

男子の組体操を見ながら、ふと、空を見上げました・・・

当日はみんなでお墓参りし、ケーキを焼きました・・・

今年は休日だったから、家族でゆっくり話をして、夜はハッピーバースディトゥーユーを歌い・・・

娘たちの質問に答えていきます・・・

特に、次女が熱心に聞いてきます・・・

『いのち』について話をしている

普段ゆっくり話すことはない内容を、この日はゆっくり話します・・・

どんなに小さく、短い命でも、私たちにとってはかけがえのない大切な『いのち』
大好きな息子

こんなふうにゆっくりと、家族みんなで迎えられるようになるには時間がかかります・・・

時間はかかるけど、前を向いて歩いていけるはず・・・
だらか私たちのところへ来てくれたんだよね
それに答えられうように生きているかな・・・

来週 9月26日(金曜日) 
東大宮で『流産・死産された方の心を話す会』を行います。

苦しい、悲しい、寂しい、辛い、
何故、どうして、
会いたい
いろいろな感情が溢れたり、ぶつかる、

そんな今の気持ちを 話していい場所です

詳細はこちら くもといっしょに(細田さんのページです)

140920

ページの先頭へ

投稿日:2014.07.239/26『流産・死産された方の心をはなす会』行われます

ご訪問ありがとうございます。

梅雨も明け、本格的な夏がやってきましたね・・・

普段日中は静かな時間帯にも、夏休みの時期は元気な子どもたちの声が飛び込んできます・・・

その声に耳を塞ぎたくなる時期がありました・・・

9月が息子の誕生月だからかもしれませんが、心がザワザワと落ち着きなくなる時期でもあります。

昨年はそのザワザワ感が強く、いま一緒に『おはなし会』を開いている細田さんの講座へ出たり、細田さんと共に帝王切開の本を書かれた産科医の竹内先生へお手紙を出したり・・・

今までずーっとその波のように押し寄せる感情を表に出さずにきたけれど、受け止めてくださる方がいることを初めて知り、自分も何かできることはないかと始めたのがこの『流産・死産された方の心をはなす会』です。

先日この本を読みました

140723
悲しみがやさしくなるとき―子どもを亡くしたあなたへ
(2001/08)
エリザベス メーレン
商品詳細を見る

この本のなかで、作者が『この会はどころよりも入会が難しい会だ』と言う、我が子を亡くされた方々の為につくった会のことを紹介していました。

私たちが行っているこのおはなし会も同じです。

本当はこの会は必要とされない方がいいのです。

こんな悲しいことは起こって欲しくないのです。

しかし、このおはなし会は必要な会です。

悲しいことは起こってしまいます。
なんの前触れもなく、突然に・・・

そして、そのことを理解してもらえない場に身を置かなくてはならない現状があります。

だから、少しでも心をはなすことが・・・
そんな場が必要なのです。

9月26日 東大宮コミュニティーセンターで
『流産・死産をされた方の心をはなす会』を行います。

詳細はこちら くもといっしょに(細田さんのページです)

どうか、必要とされている方へ届きますように・・・

ページの先頭へ

投稿日:2014.06.036/2の大切な時間が無事終わりました

ご訪問ありがとうございますm(__)m

昨日は東大宮での『流産・死産さらた方の心をはなす会』でした

ゆっくりと、大切ないのちのことを話しました

この会はとても大切な会だし、必要な会だと思っています

しかし、この会を開くことはとても、とても怖い・・・とも思っています

参加してくださる方は、一人として同じ経験をしていません

もしかしたら、私も、私の何気ない言葉に、参加してくださった方を傷つけてしまわないだろうか・・・

それでも、会を開き、お話しを伺い、

『こう言う会がもっとあればいいですね・・・』という言葉を聞くと、

怖がっているより、次へ繋げる勇気をもらいます

この会は、分かり合うためと言うよりは、誰にも話せない心の声を、言葉にする為の会だから・・・

出来る限り話しやすいようにな雰囲気で、いっしょに泣いたり、笑ったり、

自分の心の声に耳を傾けたり・・・

今まで気付かなかった優しさに気づけたり・・・

昨日より落ち着いて眠れたり・・・

だから、これからも続けていきます

参加くださったみなさん、ありがとうございます

いつも私の背中をそっと押してくださる細田さん
ありがとうございます

P

ページの先頭へ

投稿日:2014.05.096/2『流産・死産された方の心をはなす会』開催されます

ご訪問ありがとうございます。

GWも終わり、いつもと同じ時間の流れが戻って来ました・・・

季節の移り変わりも感じられて、今日は特に穏やかな気持ちです!

この連休、久しぶりに息子のお墓参りに行きました。

昔よりお墓へ行く機会は減っていますが、その分報告したい内容は増えています!

そして最後は、『いつも家族を見守ってくれていてありがとう』

月日が与えてくれた感謝の気持ち

『流産・死産さらた方の心をはなす会』
6月2日(月)に東大宮で行います

お申し込みはこちら→くもといっしょに(細田恭子さんのページ)

今までの関連ブログ

『ありがとう!また明日から笑顔でがんばります!!』

4/14(月)東大宮で『流産・死産された方の心をはなす会』開きます

『流産・死産した方の心をはなす会』無事終わりました

ゆっくりおはなししにいらっしゃいませんか?

お待ちしています

ページの先頭へ

投稿日:2014.04.16『ありがとう!また明日から笑顔でがんばります!!』

ご訪問ありがとうございますm(__)m

14日、東大宮で『流産・死産された方の心をはなす会』が開かれました。

会を開いている私たち自身もそうですが、
意を決して参加しようとお越しくださったみなさん・・・
もうそれだけで、涙が出るほど嬉しかったです!

きっと、ギリギリまで悩んで、迷って・・・
怖かったとことでしょう・・・

そして、やっぱり行けない・・・と思われた方もいると思います・・・
(大丈夫・・・きっと、今ではなかったのです・・・)

息子を亡くして12年経って、初めて参加した昨年のポコズママの会10周年記念イベント

やっぱり参加すると決めるのにたくさん悩み、迷いました・・・
会場までの道のりも、怖くて重く感じました・・・
12年経ってもそうです・・・

今回遠くは群馬から・・・千葉から・・・
長い道のり、走る電車の中でもきっと私以上に会場まで怖かったことでしょう

会場で初めてお会いしたみなさんの、緊張した顔が物語っていました・・・

そして、ゆっくりと、お空にいる大切な我が子のことを聞かせてくださいました・・・

聞かせてくれてありがとう!

ゆっくりと、おはなししてくださるみなさんから、たくさんの優しさをいただきました。

お空にいる娘さん、息子くんたち
きっと笑顔で
『ママ、がんばったね!』って言っていると思います。

会場を後にされる時、みなさんの顔が笑顔になっていました。

まだまだ泣いてしまうこともたくさんあるでしょう・・・
自分を責めてしまったり、誰かの何気ない言葉に傷つくこともあるでしょう・・・

でも、私たちにはいつも見守ってくれている天使がいる!

この会で、私自身がいつも思うこと

『taiちゃん、ありがとう!また明日から笑顔でがんばります!!』

140416

5、6年ぶりかな?
植えっぱなしだった花壇のチューリップが咲きました!

このほったらかしだったチューリップたち・・・
それでも時期がきたら自分の力で花を咲かせるんだな~

今年、咲いてくれてありがとう☆

次回の『流産・死産された方の心を話す会』は
6月2日(月)です
詳細はこちら→くもといっしょに(細田恭子さんのページ)

ページの先頭へ

投稿日:2014.03.074/14(月)東大宮で『流産・死産された方の心をはなす会』開きます

3月だと言うのに、今日も風が冷たく寒いですね・・・

2/5に開かれた『流産・死産された方の心をはなす会』

同じ場所で4月14日(月)に開きます。

詳細、お申し込みはこちら くもといっしょに
(誕生学アドバイザーの細田恭子さんのページです)

この会を開くこと・・・
この会のことを伝えるとき・・・

気持ちが、心が、揺れ動きます・・・

12年前に息子を天使にしてしまい、その1年半後
お墓を建て納骨しました。

その時に、息子が生まれてきてくれた証として
息子が私のお腹に宿ったときからの記録を書面に残しました。
18ページ・・・

そしてそこからの10年
息子や16年前に私のお腹から天使になった第一子への思い

一言では決して語ることはできません・・・

こんなに重たくなった心を 誰が聞いてくれるでしょう・・・
誰に話せるでしょう・・・

重たすぎて、きっと誰も聞いてくれない・・・

でも、2/5に行われた『おはなし会』で
心を話しに来てくれた方のお話を聞くだけで、
この重たい心が少し軽くなりました

みなさんの言葉を通して、私の心が話せたからかな・・・と思います

初めて顔を合わせて、自分の心のうちを話すこと
ともて勇気がいります
怖いです

なかなかできることではないです

でも、みんなそう
みんな同じだから

怖いけど、
とても、とても
心のあったかい方が側で見守ってくれています

私がこの会を一緒に開かせていただくのも
その方との出会いがあったから・・・

2/5のおはなし会の様子です
http://ameblo.jp/withkumo/entry-11767871311.html

気になることがありましたら問い合わせからでもかまいません
お待ちしています

ページの先頭へ

投稿日:2014.02.07『流産・死産した方の心をはなす会』無事終わりました

2月5日に行われた『流産・死産した方の心をはなす会』
無事に終わりました。

前日の雪でどうなるかと心配していましたが、当日は大きな交通の乱れもなく、みなさんお集まりくださいました。

今回坂戸、狭山、さらに茨城からと・・・1時間以上かけてお越しくださった参加者のみなさま・・・
心を話したくても話せない現状を強く感じました。

誕生学アドバイザーの細田恭子さんと私
共に医療者ではありません。
ただ、大切な我が子を天使にしてしまった経験があるだけです。

私たちのできることはただ一つ、聴くこと・・・

お一人お一人の普段言葉にできない思いをゆっくりと聴くことだけです。

そして、みなさんの心の声を聴きながら、私自身の心の声に耳を傾けていました・・・

今目の前にある『命』
それはとても、とても大切です!

でも、今は私の心の中でしか生きられなかった『命』
その『ちいさな命』も大切なんです!

命の長さ ではなく 命の重さ はみんな一緒

話を聴いていて、みんなすごく頑張っているな~と
それなのに、もっと頑張らないと・・・とおっしゃっていて・・・

誰も私たちを悲しませるつもりではないけれど、私たちはいろいろな事に傷ついています。
そして心に蓋をしていきます。

でも、ずーっと蓋をし続けていちゃダメなんです!
時には蓋を少し開けて、空気を入れ替えてあげないと・・・

私もずいぶん長いこと蓋を開けていなかったな~と・・・

この会を開くことで、私の閉切っていた心にも新鮮な空気が入ってきました

一緒に泣いて
時には一緒に笑って
とても とても 大切な時間を過ごすことができました。

この時間を必要としている方がいる限り、私たちはこの会を続けていこうと思います。

140207

ページの先頭へ

投稿日:2014.01.14流産・死産したかたの心をはなす会

今日は一段と寒い朝ですね・・・

さて、今年の新たな試みとして、2月5日に誕生学アドバイザーの細田恭子さんと一緒に
『流産・死産した方の心をはなす会』を開くことになりました。

昨年細田さんと出会って、このブログでも息子のことを少しずつ語り始めました。
今まで自分の心だけで何とかしようとしてきたけれど、話してもいい、話したいという心を素直に受け止められる時期にたどり着いたのかもしれません。

心をはなすことはとても難しいし、勇気がいります。

でも、もし何か少しでも話したいことがあったら、一緒に話しませんか?

お申込みはこちら→くもといっしょに(細田さんのブログより)

お待ちしています

※ 満席となりました(1/22)

ページの先頭へ

ページの先頭へ