ドラマのような・・・

時々話題にしています小6長女の学校生活!

昨日また事件が・・・

スポーツ大会やハローウィンパーティーも終わり、私から見ると楽しそうな学校生活!

もちろん長女hacyaも『学校!たのしー!』と言っていますが・・・

昨日は帰ってくるなり『はーっ・・・』とため息・・・

その理由は、一人の女子が担任の先生に対して抗議活動を勃発!
まずは、自習時間にクラスのみんなに自分の先生に対する溜まりに溜まった感情を話し、校長先生へ訴えに行く計画を出してきました!

そんな時、たまたま見回りに来た教頭先生にその内容を伝えたところ・・・
研究授業中だった担任を連れてクラスみんなのところへ・・・

もうその時点で数人の子は泣きだしてしまい、代表する二人の女子が自分の気持ちを先生へ伝えました。

伝えた女子も、クラスのみんなも大泣きで・・・

そして担任の先生は、クラスみんなの事は大好きだけど、まだまだ未熟であることでこうなったことを申し訳ないと言ったそうです!

今回立ち上がった女子は、先生を辞めさせたい訳ではなく、残りの小学校生活を楽しいものにしたい為、先生をいい先生にして一緒に卒業したいという気持ちから起こしたことで、とてもすごいことだと感じました・・・

今って、学校で何かあるとすぐに子供の気持ちを代弁しに保護者がでてきちゃうでしょ~

それってかえって事を違う方向へもっていってしまうんですよね~

まだ、この先どうなるかhacyaは不安がっていましたが、先生を変えたい!って思うなら、まずは自分たちも変っていかないと!

そして、最後はみんな笑顔で、このクラスで良かった!と思いながら卒業してもらいたいな~と願っています。