ものづくりに使う素材を知る①

こんにちは

簡単手づくり!自分づくり!で子育て・暮らしを楽しんでいる松丸弥恵です。

梅雨も明け、子ども達も夏休みに入りました(^_^;)

今年は雨の少ない梅雨で、農作物等心配ですね・・・

さて、この夏休みにヘルシーカフェのらの店主、新井さんと「カンナクズフラワーやりたいね!」と言うことになり、8/3(木)行い事になりました!!

詳細はコチラ

今年の3月頃もカンクズリース作りのWSを設けましたが、残念ながら参加が集まりませんでした(汗)

しかし、のらの新井さんは、「みんな気にはなっている!」と、チラシの反応など感じていてくださっていての今回の夏休み企画となりました~

カンクズフラワー作りは、近隣の小学校チャレンジスクールでも行っています!

コチラ

子どもたちには、ものづくりをする前にその素材である木のことについて話をします。

ママ友サークル、eママさいたま代表の難波さんとオリジナル積み木づくりのWSを行う際も、木のこと、山の現状などお話させていただいています。

ものをつくるとき、何故そのものがつくりたいのか、どんな材料でつくるのか・・・

そういうことを考えるとワクワクするでしょ!

でも、今の子ども達は、そういうワクワクってあまり体験していないよね!!

学校の図工も、「家にあるものを再利用」とか言いながら、親がいそいそ材料を買いに行っていたり(泣)

↑ これホント悲しい

また、学校で使われる木工用の「木」

だいたいベニア(木を薄くして貼り合わせているもの)で、木の臭いなんて一切しないのに、先生が「木の香りいいね~」とか言っちゃってて(泣)

それ接着剤の臭いだから・・・

↑ これは我が娘も呆れてた

ものづくりするとき、使う素材のこと、知っていますか?

ただ、面白そうだからつくる・・・

それもありだけど!

カンナクズをつかった今回の「親子でカンクズフラワーミニリースづくり」では、木のこと、山のことをお話ししながら、木の香り、手触りを体感してもらいます!!

例えば・・・

○木はよく炭素の貯蔵庫って言われますよね!

伐られた木で、カンナクズのように薄くスライスされたものも、炭素を貯蔵しているのかな?

○山に遊びに行って、「木がいっぱいで気持ちいい~」って見ている目の前の木々は、本当に元気に育っているのか?

P

かわいいオリジナルリースをつくりながら、木のこと、学びに来ませんか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村