Blog 8_billboard
最新記事

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

BLOG一覧 > 2015年3月

投稿日:2015.03.23文化財!細川和紙で簡単照明DIY♪

文化財!細川和紙で簡単照明DIY♪

桜の開花宣言間近!

しかし、今日は午後からちょっと寒いですね~

3/15(日)にNPOモクイエ主催のイベント「紙漉き体験」を小川町で行ってきました。

今回で2回目のこのイベント! 前回はまだユネスコ無形文化財にはなっていませんでしたが、今回は登録後と言うことで、なかなか日程を押さえることができないほど、注目されているようですね~

さて、我が家は次女を連れて3人で参加!(前回と一緒)

前回は次女がはがきセットを漉いて、飾りを3人でしましたが、今回は、前回と同じではつまらな~い!

せっかくなら、漉いた和紙で暮らしを楽しくすることを考えよう!と、玄関のペンダント照明を和紙でリメイクすることに・・・

どのくらいのサイズがあればよいかを事前に把握して、いざ!小川町へ~

 

当初の予定では、無地を漉くだけでいましたが・・・

やっぱり次女ははがきを漉いて飾りをつけたい!と言うので、再度チャレンジ!

その間に、主人と私は流し漉き体験をし!照明リメイク用の和紙をゲットしました~

ちなみに次女が行ったのは溜り漉き!

細川紙と言うのは材料の楮(こうぞ)100%使用した流し漉きの方を言います。

 

漉いた紙は1週間後に送られて来ました~(漉いたばかりは濡れていて持ち帰れないので・・・)

kamisuki270324_1

A3サイズ2枚

流し漉きの方が薄くて、楮(こうぞ)がいい感じに模様になっています。

さて、今回リメイクしたいのはこちら

kamisuki270324_2

結婚する前から、主人が使っていたものです!

写真でみると、まだまだいい感じ?

kamisuki270324_4

 

プラスティックのパーツを外し・・・(ここで、外せるパーツは3つだけだと気づく(^_^;))

kamisuki270324_3kamisuki270324_5型取って、切った状態

kamisuki270324_6

外せないパーツは上から和紙を貼ってみました~

にゃんくん、どうよ・・・

kamisuki270324_7

なんか・・・

外せないパーツがあったので、自分が想像していたよりも代わり映えしないような・・・

 

しかし夜、主人に

「なんか~ どうだろ? 代わり映えしないかな~」

と言うと・・・

「いいじゃん!いいよ! よくやったね」って

「えっ!そう)(*^_^*)」

もう、その一言で、気分は上々になってしまいました~(笑)

kamisuki270324_8

 

電気をつけると、和紙の暖かさが出ていい感じです~

我が家には障子がないけれど、和紙の使い道は考え出すといろいろありますね~

もっと暮しの中に素材を意識したものを取り入れたい!

そして、やっぱり自分の「手」を加えた、自分らしさを楽しみたいと思いました~

 

今度はもっと大きいサイズを漉いて・・・あそこをリメイク!

妄想中です(笑)

 

 

ページの先頭へ

投稿日:2015.03.19気がつけば育ってる!子どもの読書好き

気がつけば育ってる!子どもの読書好き

いきなりですが・・・

我が娘たち、本、結構読みます!

最近、すご~く、不思議に思っていました・・・

「なんで、うちの子、本好きなん?」って(笑)

 

遺伝? いえいえ、とんでもない(苦笑)

 

主人も私も、子どもの頃に散々「本読め!」と言われたにも関わらず、読まない派!

(言われるとますます読みたくなくなるよね)

本が面白いと感じたのは高校生になってからです(汗)

 

そんな親から生まれた娘たち・・・

気がつくと本を読んでいます

book270307_2

 一度読み出すと止まりません(苦笑)

book270307_3

立って読むか~?(笑)

写真は次女ですが、長女に対しても、「ちょっと!本禁止!」と何度言ったことでしょう~

(本禁止!と言っておいて、何じゃこの家は・・・って自分に突っ込みいれてる私です)

 

何でこんなに本好きになったんだろう?

長女が本好きなのは、小さい頃によく読み聞かせをしていたし、性格かな~なんて思っていたけど、あまり読み聞かせをする時間が取れなかった次女が、こんなにも本を読むようになることが不思議でした。

(この読み聞かせですが、こちらもいろいろ経験により感じるところあり!次回お伝えします)

いろいろ考えました・・・

で、

出た結論は・・・

そうか~

暇だからだ!

と、言うこと・・・

 

我が家にはたいしたおもちゃがない!

DSやWiiといったゲームもない!

テレビもつけない(見せない!)

な~んにも刺激的なものがないし、与えられない→本を読むしかない!ってことだ~

 

もちろん、そんなこと関係なく本を読む子もいらっしゃることでしょう~

これはあくまで私の持論です!(苦笑)

 

ただ、娘たちを見ていて(育てていて)感じることは、

なーにもなくても、いや、ないほうが、子ども達は自発的にいろいろ考えて遊ぶ!

と言うこと・・・

あれがいい、これがいい、と与えているのは結局親ですからね・・・

もう一つ

絵本もそうですが、世の中には本がたくさんありますね!

では、子どもたちにはどんな本がいいのか・・・

てなことは、一切気にしていません(笑) 知らないし(^_^;)

子どもが読みたい!と思った本でいいのかな・・・と思います。

そして、本はほとんど買ってあげてもいません(汗)(誕生日に私の実姉から本がプレゼントされるくらい)

基本は学校の図書室か地域の図書館で借りて読んでいます。

 

と言うことで、

もし、お子さんを読書好きにしたかったら・・・

一番手っ取り早い方法が

テレビを見せず、極力何も与えない!ですよ~(愛はいっぱい与えてね(^^)v)

試してみて!

 

 

 

 

ページの先頭へ

投稿日:2015.03.14入学式の子ども服!リメイクだっていいじゃない

入学式の子ども服!リメイクだっていいじゃない

卒園・卒業シーズンですね!

そして、月がかわると入園・入学

忙しいけど、嬉しいですよね~

 

さて、子どもの着る入学式のフォーマル

やっぱり買いますか?

 

お店に行けばかわいい服がずらり~

 

でも・・・

みんな似ていますよね

 

子どもは

「あれがい~」って言いますよ~・・・見ればね! 全部かわいいもん

 

しか~し!

このたくさんある中から、一番のお気に入りを探す労力

子どもはすぐ大きくなるし、着る機会は僅か・・・(なのにお金がかかる(泣))

誰かにいただけるならそれもいい・・・けど、サイズが合うというラッキーに出会えるのも少ない(なかった・・・うちはね(泣))

手づくりが一番!(その能力があれば~)  作れる方は是非作ってあげて!

 

で、

考えた!

一番簡単に、一点ものを用意する方法

私の服のリメイクです♪ ※写真8年前

hukuri270314_1

探し出してきたのがこの2点

袖と裾を短くして、肩をつめる!

スカートの裾を短くして、胸元もつめる!

hukuri270314_2

 

(写真はボレロがまだ途中段階)

あっと言う間にできました! ※8年前ね(^^)v

 

長女が着て

6年後に次女が着ました。 ※2年前(*^^*)

薄い生地だけど、紺、黒が多い中

目立ってましたよ~(笑)

hukuri270314_4

大切な記念日だからこそ、

「わたしらしさ」

をカタチにしてプレゼント

 

リメイクだっていいでしょ!

ページの先頭へ

投稿日:2015.03.14「おうち時間」を楽しむプチDIY

「おうち時間」を楽しむプチDIY

壁に実(さね)も落としていないスギ板に化粧釘を打ち、糸のオープン収納!

下は、拾った枝を吊るして、そこに麻バッグやらアクリルモップやらレース編みアクセサリーなど、

自分で編んだ自分のものを飾る場所に・・・

枝とフックさえあれば簡単

しかも、見て楽しい☆

少しずつ、自分のお気に入りの場所を増やして

「おうち時間」を楽しみましょ♪

ページの先頭へ

投稿日:2015.03.12自分でつくる「DIY」まずは道具①

自分でつくる「DIY」まずは道具①

まだ空気は冷たいけれど、春を感じますね!

さて、ホームページがリニューアルされて、ワークショップ&DIYのページコチラには

~いごこち道~自分でつくるプロジェクト

というものを紹介させていただいています。

当初の予定では、岩槻区内で空き家を探し、ワークショップ形式でリノベーションしていこうと計画していました。

現在もその計画は進行中です。(空き家情報、お待ちしています)

 

場所がなくとも、いごこち道は進めてまいります!

「自分でつくる」ための第一歩

道具をご紹介

 

まずは、ノコギリ

必需品ですね!

写真は、私が主に使用しているノコギリ(ゼットソー)と、事務所代表(主人)が時々使うノコギリ(パイプソー)です。

どちらもホームセンターで購入できます。

私が主に使用しているのは、木材専用で、番号が265と記されているのは、主にスギやヒノキといった、比較的柔らかい木材をカットするのに使われるものです。(250は堅木用)

これが一本あれば、十分かな・・・

細いパイプソーは塩ビ等プラスティックもカットできるタイプ!(木材も切れるけどね)

と言うことで、私は使いません(笑)

 

ノコギリを使いこなすには

・材をしっかり固定すること

・ノコを引くときに材が切れることを知ること(押しても切れな~い)

そして、厚めの板の切断面を垂直にカットする時は、ちゃんと当て木をしましょう!(当て木が垂直じゃなかったらダメですよ)

igokochi270312_2

ここだけの話・・・

うちの代表は、ノコギリをあまり使いません(^_^;)

だいたい、電動丸ノコを使っちゃうから・・・

もしかしたら私よりノコギリの扱いが下手かも・・・(^^)v

 

最初はなかなか上手く(真っ直ぐ、垂直)カットするのは難しいかもしれませんが、

ノコギリは子どもでも扱えますから、電動工具に比べれば安全です。

切れば切るほど上手くなる!!

 

ゼットソーはホームセンターでもネットショップでも千円ちょっとで購入可

替え刃は500~600円くらいです。

我が家のノコギリもそろそろ刃を替えなくては・・・

 

一家に一つ、ノコギリはあるべし!

 

※ゼットソーとは岡田金属工業所が出している替え刃タイプのノコギリのことです!

ページの先頭へ

投稿日:2015.03.12この日が「今生きていることへの感謝」の日

この日が「今生きていることへの感謝」の日

昨日で東日本大震災から4年が経ちました。

ご冥福をお祈りすると共に、一人でも多くの被災者の方が、今を前向きに生きられるよう 願っております。

 

昨夜は、毎年恒例になりつつある、あの日のことを家族で話しました。

家族4人バラバラな場所にいたあの日・・・

長女は小学校、次女は保育園、午前中まで会議で一緒にいた主人と私も、午後主人は現場へ、私は自宅で仕事をしていました。

地響きと共に揺れ始め、すぐに私は主人に電話をしたけど、すでに繋がらず・・・

とにかく一番心配な場所にいたのが主人だったのです。

今では笑い話ですが、上棟を終えたばかりの現場で、大工さんと二人で、剥き出しの梁の上で波乗り状態だったと・・・

本当に、無事でよかったです。

主人の中でも、一番心配だったのは築40年のボロ屋に居た私だったようで・・・(^_^;)

様子を見ながら、現場から自宅へ来てくれました。

しかし、少しずつリフォームしていたことが功を奏したのか、地盤がよかったのか、1階は玄関のヘルメットと当時飾っていた竹の墨が落ちたくらいで、LDKのものは何一つ、食器など、扉もつけていないのに、落ちて割れることはなかったです。

それから二人で、子どもたちを迎えにいきました。

実際は小学校側の判断で集団下校させていて、長女とは家を出てすぐに会い、開口一番「ママ!トイレ行きたい!」だって・・・

仕方なく、次女のお迎えは主人に頼み、長女と帰りました。

次女の話も、今では笑い話ですが、

主人と会い、帰ってくるまで普通に園でのことを話していたのに、家に入り私の顔を見るなり「ママ~こわかった~」と大泣き!

この涙で、家族全員無事であることへの安堵感が染み渡りました。

 

あれから4年

被災者の方の様々なお話が紹介される中、もし、自分たちが大きな災害にあったら・・・を話し合う日となりました。

主人が長女に、「もし目の前でママが動けず、自分ではどうしようもなく、そこにいたら自分も危険だったらどうする?」と質問すると・・・

長女は「誰か助けを呼びにいくか・・・う~ん・・・」と、難しいね!

これは良いチャンスと思い、私は言いました「ママのことはどうでもいいから、まず自分が生きる為の最善の努力をしなさい」

「ママはもう十分生きてるから、でもあなたたちには未来がある!絶対生きて!生きることをまず考えて」

そう言ったら、次女が「やだ!うっちゃんママとしぬ~」としがみついてきました・・・

まだ次女には難しいし、今ここで答えを求めているわけではないけど、危機的状況になると、私自身パニックに落ちてしまい恐怖心からまともな言葉はでないかもしれない!

だから、こういう時に気持ちを伝え、心の片隅に刻んでくれたらそれだけでいいな・・・と思います。

 

私が子どもたちに望むこと

それは、「生きる力を身につけて欲しい」

その為に、私ができることは、家の空気環境を整える努力と

今の限られた暮らしの中で、たくさん工夫を楽しむ姿を見せること

そして、家族が今、元気に生きていることへの感謝の気持ちを大切に・・・笑顔で会話すること

 

昨夜も話題が尽きませんでした。

 

この震災で、私はたくさんのことを学びました。

その学んだことを、活かしていくことが、私のできる支援だと思っています。

 

おととい、宮城の義母からお野菜や海苔などが送られて来ました。

その中に、わさびの花が入っていて、「珍しいから入れたの!水に挿して楽しんで」とのことでした。(写真)

当時、宮城蔵王に住む義父母とは、1週間以上連絡が取れませんでしたが、

大きな被害もなく無事でいてくれたことに感謝です。

 

 

 

ページの先頭へ

投稿日:2015.03.07麻ヒモでカゴづくり!DIYを楽しむ暮らし

麻ヒモでカゴづくり!DIYを楽しむ暮らし

週末のお天気・・・

雨だと、洗濯物の量からして、若干ブルーになりがちですが、手づくりものを眺めると気分がちょっとUPする私です(笑)

 

ちょっと前に完成したカゴ!

近くのスーパービバで買った園芸用の太い麻ヒモと、いつもバッグなど製作している細い麻ヒモでカゴを作ってみました~

籐とか竹とか藁とかで作るような方法を真似て、見よう見まねで作りました。

kago270307_2

細い麻ヒモの巻き方がもっと綺麗だといいのですが(^_^;)

適当人間だからね・・・(苦笑)

 

普段の細い麻ヒモよりはしっかりしていますが、もっと大きいカゴを作る場合は、表面をのりで固めたほうがいいかな~と思っています。

 

ちょっと前にのりで固めるのも試してみました。

 

使ったのりは、自家製米のり!

 

いつも思いつきで始めるので、写真がないのですが(^_^;)

 

結構しっかり固まっていい感じです!

 

ちょっと不恰好でも、手づくりはやっぱり味があって好きだな♪

kago270307_3

 

 

 

ページの先頭へ

投稿日:2015.03.053/4「居心地空間+子育て=楽しむ」ママトーク開催しました

3/4「居心地空間+子育て=楽しむ」ママトーク開催しました

昨日は汗ばむくらいの陽気で、一気に春が近づいてきた感じでしたね~

そんな中、ヘルシーカフェのらさんにて「居心地空間+子育て=楽しむ」ママトークを開催してきました。

生憎前日キャンセルも出てしまい、参加者お一人のマンツーマンでの開催でしたが、のら広場貸切の贅沢な一時となりました☆

参加してくださったTさん、1歳半のお子さんを始めて一時託児されたということで、ちょっとドキドキだったようですが、前向きな第一歩をこのママトークで実践していただいて嬉しかったです!

今回のテーマは<ものづくりから居心地、子育てを楽しむ>ですが、「ものづくり」と言うと、もう既に楽しんでいらっしゃる方や、苦手意識から除外しされてしまう内容だと思いますが、今回お伝えしたことは

・自分が描いている「ものづくり」のイメージから一度離れ、普段の暮らしで当たり前に行っている行為を振り返る!そして認める

・自分が本当に欲しい「もの」に対して「つくる」を実践、あるいはイメージする

大きくこの二つを事例を交えてお伝えしました。

 

現在、手のかかるお子さまと日々奮闘し、見えていなかった自分の好きなこと、出来ていることなどを見つめ直せて、「これから息子に会うのが楽しみになりました!」

とおっしゃってくださいました。

Tさまはものづくり苦手な方ではありません、お子さんにおもちゃを買い与えるのではなく、家にあるもので工夫していらっしゃいました。

これからもどんどん暮らしの中のあるもので工夫していって欲しいと思います☆

 

子どもが小さいから、時間がないから、不器用だから・・・何かしら理由をつけて「苦手」「できない」を決めているのは自分自身!

「松丸さんはできるから・・・」と片付けられてしますけど(苦笑)

最初から出来た訳ではなく、「やる」を自分で選択しただけ・・・(未だにできているとは思っていませんが(^_^;))

もともと起用、不器用も関係ありません!

やり続ければそれなりに出来るようになりますが、やらなければできるようにはなりませよね(苦笑)

そして意外とがっつり「ものづくり」している方も、見落としがちな「自分の欲するものとの向き合い方」

時には振り返ってみてもいいかもしれませんね(*^_^*)

 

マンツーマンだったので、のらさんのランチをいただきながら、他にも盛りだくさん!楽しくお話しさせていただきました。

ご参加くださいましたTさま、ありがとうございました。

 

次回「居心地空間+子育て=楽しむ」ママトークは6/3(水)を予定しおります。

お楽しみに・・・

ページの先頭へ

投稿日:2015.03.012/27「暮らしQ&A」開催しました

2/27「暮らしQ&A」開催しました

2/27(金) ヘルシーカフェのらさんにて「暮らしQ&A」が開催されました。

今回は全て0歳から4歳までのお子様がいらっしゃるママさん4名がご参加くださいました。

そして、お悩みの多くは「片付け」や「整理整頓」

また、4歳くらいになったら、そろそろお片づけも出来るようにするにはどうしたらいいか・・・

4歳か~

私は自分が片付け下手だと思っているので、娘たちが4歳の頃を思い返すと「自分ができないのに無理だよね」と諦めていましたが(^_^;)

もともと親が片付け上手なら、4歳でも片付けられる子にすることはできると思います。

そう!いきなり子ども達は片付けが出来るわけではありません。

「やり方」を教えてあげることで出来るようになるのです!

だから、まずは親が自分にあった片付け方、整理整頓の仕方を学び、身につける!

それが出来て初めて子どもにも教えることができるのです。

 

また、今回ご参加のみなさん、自分にとって何が出来ないか?もちゃんと分かっていらっしゃいました。

「物が多い」「とりあえず買ってします」「片付けようと思っているけどできない」

分かっているけど、なかなか行動に移せない・・・

わかります!

しかし、全ては自分自身

子どもに片づけして欲しい、夫も手伝って欲しい

「欲しい」を実現させるためには、自分自身を変えるしかありません。

今の家に不満がある!

不満を口に出すことは簡単ですが、住み替えることは簡単ではありません。

まずは今の暮らしを好きになる為に、行動する。

その一歩を踏み出すきっかけになっていただけたなら、嬉ですね!

参加者の感想をご紹介します。

・参加することで、心地よい暮らしにするモチベーションがUPするので、嬉しいです。

・今の家を住み易く、気に入る事から始めたいと思います。

・自分の暮らしを振り返って、具体的にどうするか考えることができて良かったです。

・個々にアドバイスが頂けた点が為になりました。

ご参加くださった皆様

ありがとうございました。

 

次回は6月を予定しています。

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ