Blog 8_billboard
最新記事

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

BLOG一覧 > 2014年7月

投稿日:2014.07.239/26『流産・死産された方の心をはなす会』行われます

ご訪問ありがとうございます。

梅雨も明け、本格的な夏がやってきましたね・・・

普段日中は静かな時間帯にも、夏休みの時期は元気な子どもたちの声が飛び込んできます・・・

その声に耳を塞ぎたくなる時期がありました・・・

9月が息子の誕生月だからかもしれませんが、心がザワザワと落ち着きなくなる時期でもあります。

昨年はそのザワザワ感が強く、いま一緒に『おはなし会』を開いている細田さんの講座へ出たり、細田さんと共に帝王切開の本を書かれた産科医の竹内先生へお手紙を出したり・・・

今までずーっとその波のように押し寄せる感情を表に出さずにきたけれど、受け止めてくださる方がいることを初めて知り、自分も何かできることはないかと始めたのがこの『流産・死産された方の心をはなす会』です。

先日この本を読みました

140723
悲しみがやさしくなるとき―子どもを亡くしたあなたへ
(2001/08)
エリザベス メーレン
商品詳細を見る

この本のなかで、作者が『この会はどころよりも入会が難しい会だ』と言う、我が子を亡くされた方々の為につくった会のことを紹介していました。

私たちが行っているこのおはなし会も同じです。

本当はこの会は必要とされない方がいいのです。

こんな悲しいことは起こって欲しくないのです。

しかし、このおはなし会は必要な会です。

悲しいことは起こってしまいます。
なんの前触れもなく、突然に・・・

そして、そのことを理解してもらえない場に身を置かなくてはならない現状があります。

だから、少しでも心をはなすことが・・・
そんな場が必要なのです。

9月26日 東大宮コミュニティーセンターで
『流産・死産をされた方の心をはなす会』を行います。

詳細はこちら くもといっしょに(細田さんのページです)

どうか、必要とされている方へ届きますように・・・

ページの先頭へ

ページの先頭へ